スペシャリストが選ぶ「セキュリティキーワード 2009」を発表(ラック) | ScanNetSecurity
2021.06.19(土)

スペシャリストが選ぶ「セキュリティキーワード 2009」を発表(ラック)

 株式会社ラックは12月9日、「セキュリティキーワード 2009」の発表を開始した。これは、同社のセキュリティエキスパートが今年1年の締めくくりとし て、セキュリティに関連するキーワードを発表していくというもの。2009年のセキュリティをキーワードで振り返るととも

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社ラックは12月9日、「セキュリティキーワード 2009」の発表を開始した。これは、同社のセキュリティエキスパートが今年1年の締めくくりとし
て、セキュリティに関連するキーワードを発表していくというもの。2009年のセキュリティをキーワードで振り返るとともに、2010年想像することを目的としている。現在、6名のエキスパートによるキーワードが公開されている。

 6種類のキーワードは、モバイル用ブラウザの高機能化を受けた「モバイルサイト」、IPアドレスの枯渇問題を受けた「IPv6のセキュリティ」、今年感染事例が増加した「Webベースマルウェア」、「Conficker」による被害が多発したことを受けた「USBウイルス」、内閣官房情報セキュリティセンターから「第2次情報セキュリティ基本計画」が2月に公開されたことから「合理化」、クラウドサービスの増加を受けた「くも」となっている。詳細はWebサイトで閲覧可能だ。

http://www.lac.co.jp/special/keyword2009/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×