スペシャリストが選ぶ「セキュリティキーワード 2009」を発表(ラック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

スペシャリストが選ぶ「セキュリティキーワード 2009」を発表(ラック)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社ラックは12月9日、「セキュリティキーワード 2009」の発表を開始した。これは、同社のセキュリティエキスパートが今年1年の締めくくりとし
て、セキュリティに関連するキーワードを発表していくというもの。2009年のセキュリティをキーワードで振り返るとともに、2010年想像することを目的としている。現在、6名のエキスパートによるキーワードが公開されている。

 6種類のキーワードは、モバイル用ブラウザの高機能化を受けた「モバイルサイト」、IPアドレスの枯渇問題を受けた「IPv6のセキュリティ」、今年感染事例が増加した「Webベースマルウェア」、「Conficker」による被害が多発したことを受けた「USBウイルス」、内閣官房情報セキュリティセンターから「第2次情報セキュリティ基本計画」が2月に公開されたことから「合理化」、クラウドサービスの増加を受けた「くも」となっている。詳細はWebサイトで閲覧可能だ。

http://www.lac.co.jp/special/keyword2009/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×