マルウェアマンスリーレポート[2009年11月]を発表(カスペルスキー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.22(土)

マルウェアマンスリーレポート[2009年11月]を発表(カスペルスキー)

 株式会社Kaspersky Labs Japanは12月4日、2009年11月の「マルウェアマンスリーレポート」を発表した。レポートによると、11月は先月までの傾向を踏襲する状況となっている。サイバー犯罪者が最も頻繁に使用するマルウェアの拡散方法は、悪意あるスクリプト、エクスプロ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社Kaspersky Labs Japanは12月4日、2009年11月の「マルウェアマンスリーレポート」を発表した。レポートによると、11月は先月までの傾向を踏襲する状況となっている。サイバー犯罪者が最も頻繁に使用するマルウェアの拡散方法は、悪意あるスクリプト、エクスプロイトおよび実行ファイルを組み合わせる方法で、特にユーザの個人情報および資金の盗用を目的として使用されている。

 このようなマルウェアの代表的なものとしては、「Trojan-PSW.Win32.Kates」(Gumblarによる攻撃は当初このマルウェアのダウンロードを目的として計画された)、スクリプトダウンローダやメール大量送信を使用して拡散する「Trojan-Spy.Win32.Zbot」、および偽のアンチウイルスソフトウェアが挙げられる。また、テンプレートを使用して制作されたWebサイトを利用して偽のアンチウイルスソフトウェアを拡散させる傾向も引き続き見られた。

http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207578794
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×