分散拠点のセキュリティ管理を一元化するアプライアンスを提供開始(ソニックウォール) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

分散拠点のセキュリティ管理を一元化するアプライアンスを提供開始(ソニックウォール)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 ソニックウォールは12月8日、分散した拠点のセキュリティ管理を一元化する管理用のアプライアンス「SonicWALL E-Class Universal Management Appliance EM5000(UMA EM5000)」の国内販売を開始すると発表した。UMA EM5000は、UTM(統合脅威管理)やSSL VPNといった同社のセキュリティアプライアンスを一元集中管理するための製品。

 1UラックサイズのサーバにOS(SonicLinux)、データベース(MySQL)、管理ツール「SonicWALL Global Management System」の最新バージョン(GMS6.0)と10ライセンスを同梱したオールインワンのセキュリティ管理アプライアンスとなっている。サーバを別途購入して相互運用性を検証したり、ソフトウェアをインストールしたりする手間が省け、購入後ただちに使用することができる。価格は1,344,000円(初年度の保守費用込、税別)。

http://www.sonicwall.com/japan/press/press-20091208.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×