「平成21年度第1回総合セキュリティ対策会議」の発言要旨を公表(警察庁) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

「平成21年度第1回総合セキュリティ対策会議」の発言要旨を公表(警察庁)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 警察庁は12月8日、「平成21年度第1回総合セキュリティ対策会議」の発言要旨を発表した。本会議は、情報通信ネットワークの安全性・信頼性を確保することを目的に、情報セキュリティに関する産業界等と政府機関との連携の在り方、特に警察との連携の在り方について、有識者等による検討を行うため平成13年度に設置された生活安全局長主催の懇談会。毎年度、個別のテーマを設定している。

 今回発表された発言要旨は、9月11日に開催された会議のもの。検討課題として「インターネット・オークションにおける盗品の流通防止対策について」を取り上げ、問題となっているカーナビについて意見が交わされた。会議ではカーナビが盗られないための対策に関する意見が非常に目立った。しかし、基本的にはインターネット・オークションが簡単な処分先にならないように検討することが必要として、ユーザ登録制とし製造番号などによる管理が必須であるとした。

http://www.npa.go.jp/cyber/csmeeting/h21/pdf/h21youshi1.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×