アクセス制御・監査ログ取得ツール最新版を発売、Windowsサーバにも対応(NRIセキュアテクノロジーズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

アクセス制御・監査ログ取得ツール最新版を発売、Windowsサーバにも対応(NRIセキュアテクノロジーズ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社は12月3日、アクセス制御・監査ログ取得ツール「SecureCube/Access Check」の最新版を提供開始した。

 最新版はWindowsサーバにも対応。Windowsサーバへのリモートデスクトップ接続操作、ファイル共有の接続操作に対するアクセス制御、監査ログの取得が行えるようになった。特に、テキストログを取得することが困難だったリモートデスクトップ接続時のサーバ操作ログについては、動画で取得・管理する機能を搭載。これにより、J-SOX法の対応で求められる「IT全般統制」に必要な監査データを収集可能。

 また、既存の監査ログ機能の強化として「不正アクセス検知機能」を追加。アクセス申請内容と実際の操作ログの突き合わせを行い、不正な操作や不要な操作を検知した際に、操作終了時に管理者へ即時に通達することができるようになり、不正操作を早期発見できるようになった。

 導入価格は、1ライセンス485万円、Windows対応オプションが195万円(通常版、接続サーバ数11〜50台)。年間保守費は各価格の20%。

http://www.nri-secure.co.jp/news/2009/1203.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×