アクセス制御・監査ログ取得ツール最新版を発売、Windowsサーバにも対応(NRIセキュアテクノロジーズ) | ScanNetSecurity
2021.06.18(金)

アクセス制御・監査ログ取得ツール最新版を発売、Windowsサーバにも対応(NRIセキュアテクノロジーズ)

 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社は12月3日、アクセス制御・監査ログ取得ツール「SecureCube/Access Check」の最新版を提供開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社は12月3日、アクセス制御・監査ログ取得ツール「SecureCube/Access Check」の最新版を提供開始した。

 最新版はWindowsサーバにも対応。Windowsサーバへのリモートデスクトップ接続操作、ファイル共有の接続操作に対するアクセス制御、監査ログの取得が行えるようになった。特に、テキストログを取得することが困難だったリモートデスクトップ接続時のサーバ操作ログについては、動画で取得・管理する機能を搭載。これにより、J-SOX法の対応で求められる「IT全般統制」に必要な監査データを収集可能。

 また、既存の監査ログ機能の強化として「不正アクセス検知機能」を追加。アクセス申請内容と実際の操作ログの突き合わせを行い、不正な操作や不要な操作を検知した際に、操作終了時に管理者へ即時に通達することができるようになり、不正操作を早期発見できるようになった。

 導入価格は、1ライセンス485万円、Windows対応オプションが195万円(通常版、接続サーバ数11〜50台)。年間保守費は各価格の20%。

http://www.nri-secure.co.jp/news/2009/1203.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×