次世代型ファイアウォールによる監視サービスを提供開始(日立システム) | ScanNetSecurity
2021.06.20(日)

次世代型ファイアウォールによる監視サービスを提供開始(日立システム)

 株式会社日立システムアンドサービスは12月1日、ユーザに代わってネットワークを24時間365日監視し、安全なネットワークセキュリティを実現する「セキュリティマネージメントサービス」の対象製品に、米Palo Alto Networks社が開発した次世代型ファイアウォール製品「

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社日立システムアンドサービスは12月1日、ユーザに代わってネットワークを24時間365日監視し、安全なネットワークセキュリティを実現する「セキュリティマネージメントサービス」の対象製品に、米Palo Alto Networks社が開発した次世代型ファイアウォール製品「Palo Alto Networks PAシリーズ」を追加、2010年1月4日から提供を開始すると発表した。

 本製品は、ネットワーク上で利用するアプリケーションを識別し、ユーザ単位で利用を制御できるファイアウォール製品。ユーザが所有する「PAシリーズ」の異常/復旧情報を即時にメールで受け取ることが可能な他、アプリケーションごとの利用者状況の一覧を月次レポートとして受け取ることが可能。また、作成した月次レポートを元に、アプリケーションの設定内容の変更やファームウェアのバージョンアップなどをリモートで行うことが可能だ。

http://www.hitachi-system.co.jp/press/2009/pr091201.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×