電子メール暗号化サービスを提供開始(サイバートラスト、他) | ScanNetSecurity
2021.06.15(火)

電子メール暗号化サービスを提供開始(サイバートラスト、他)

 サイバートラスト株式会社とデジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社は12月1日、電子メール暗号化サービス「cybertrust sealed mail」(特許出願中)の提供を開始すると発表した。本製品は、メールを暗号化したい企業に貸与されるメール暗号化ゲートウェイ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 サイバートラスト株式会社とデジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社は12月1日、電子メール暗号化サービス「cybertrust sealed mail」(特許出願中)の提供を開始すると発表した。本製品は、メールを暗号化したい企業に貸与されるメール暗号化ゲートウェイ「cybertrust sealed mail ES」とメール暗号化専用鍵発行管理サービス「cybertrust sealed mail KMS」で構成される。料金は、暗号化ゲートウェイ年間利用料が150万円、年間ユーザライセンスが24万円(100ユーザから)。

 本製品は、企業や組織から送信されるメールを両社が共同開発した暗号化ゲートウェイにより自動的にS/MIME暗号化することで、メール利用時の機密情報や個人情報の秘匿を確実に行うことが可能なメール暗号化サービス。メールの暗号化に特化し、電子証明書をメールの暗号・復号に使用する「鍵」と位置付けることで、電子証明書の管理を簡素化し、従来からのS/MIMEにかかわる利便性とコストの課題を解決したメール暗号化サービスとして提供する。

https://www.cybertrust.ne.jp/info/2009/091201_2.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×