Cactiの複数の脆弱性に関する検証レポートを発表(NTTデータ・セキュリティ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

Cactiの複数の脆弱性に関する検証レポートを発表(NTTデータ・セキュリティ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 NTTデータ・セキュリティ株式会社は11月30日、Cactiの複数の脆弱性(CVE-2009-4032)に関する検証レポートを発表した。Cactiは、サーバ監視などに用いられるSNMPエージェントから、取得した値をグラフ化するフロントエンドプログラム。Cactiには、クロスサイトスクリプティングおよびOSコマンドインジェクションの脆弱性が存在する。同社ではこの脆弱性について、再現性の検証を行った。

 検証は、CentOS 5およびCacti 0.8.7eをターゲットシステムとして、細工したURLにアクセスさせることでクロスサイトスクリプティングの脆弱性の検証を行い、またCactiにログイン後、パラメータを設定することでOSコマンドインジェクションの検証を実施した。この結果、ともに脆弱を悪用できることが実証された。同検証レポートでは、クロスサイトスクリプティングの脆弱性については、修正プログラムがリリースされているが、 コマンドインジェクションの脆弱性については、修正プログラムがリリースされていないので、必要に応じて強固なパスワードへの変更などを推奨している。

http://www.nttdata-sec.co.jp/article/vulner/pdf/report20091130.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×