学生の個人情報を記録したUSBメモリが盗難被害(横浜市立大学) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

学生の個人情報を記録したUSBメモリが盗難被害(横浜市立大学)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 横浜市立大学は11月20日、同大学職員が通勤途中にバッグのひったくりに遭い、盗難されたバッグに学生の個人情報を記録したUSBメモリが入っていたことが判明したと発表した。このUSBメモリには、国際総合科学部における氏名、成績などの学生データ(平成20年度分)、および医学部における入試データ過去10年間分(平成11年度〜20年度)が記録されていた。対象となる学生数は4千名弱になるという。


http://www.yokohama-cu.ac.jp/campuslife/091120.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×