TLSプロトコルの脆弱性に関する検証レポートを発表(NTTデータ・セキュリティ) | ScanNetSecurity
2021.06.23(水)

TLSプロトコルの脆弱性に関する検証レポートを発表(NTTデータ・セキュリティ)

 NTTデータ・セキュリティ株式会社は11月24日、TLSプロトコルのリネゴシエーション処理に発見された脆弱性に関する検証レポートを発表した。この脆弱性により、MITM攻撃(Man In The Middle攻撃:中間者攻撃)を受ける危険性があり、暗号化された二者の間に割り込み、通

製品・サービス・業界動向 業界動向
 NTTデータ・セキュリティ株式会社は11月24日、TLSプロトコルのリネゴシエーション処理に発見された脆弱性に関する検証レポートを発表した。この脆弱性により、MITM攻撃(Man In The Middle攻撃:中間者攻撃)を受ける危険性があり、暗号化された二者の間に割り込み、通信内容を盗聴、改ざんされる可能性がある。同社ではこの脆弱性について、再現性の検証を行った。

 検証は、ターゲットのコンピュータにおいて攻撃者を想定したプロキシを設定し、プロキシ経由でTwitterに書き込みを行わせることで通信内容を改ざんし、ターゲットのTwitterログイン情報を攻撃者のTwitterへ書き込ませることで実施された。この結果、攻撃者のTwitterにターゲットのリクエスト内容が書き込まれた。これにより、リクエストの改ざんに成功し、ターゲットのTwitterログイン情報の奪取に成功したことになる。対策案としては、リネゴシエーションの無効化を推奨している。

http://www.nttdata-sec.co.jp/article/vulner/pdf/report20091124-01.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×