WordPressのfile.php脆弱性に関する検証レポートを発表(NTTデータ・セキュリティ) | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

WordPressのfile.php脆弱性に関する検証レポートを発表(NTTデータ・セキュリティ)

 NTTデータ・セキュリティ株式会社は11月18日、オープンソースのブログソフトウェアである「WordPress」に存在する、任意の実行ファイルがアップロード可能な脆弱性についての検証レポートを公開した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 NTTデータ・セキュリティ株式会社は11月18日、オープンソースのブログソフトウェアである「WordPress」に存在する、任意の実行ファイルがアップロード可能な脆弱性についての検証レポートを公開した。

 この脆弱性は、同ソフトの「file.php」(ファイルアップロード用プログラム)の脆弱性に起因するもので、これを悪用されると、バックドア用の実行ファイルなどをアップされ、外部からWebサービスの実行ユーザ権限で任意のコマンドを実行される危険性があるというもの。影響を受けるのはWordPress 2.8.5以下のバージョン。対策として最新版(2.8.6)へのバージョンアップが推奨されている。

 検証では、ターゲットシステムとしてApache 2.2.3とWordPress 2.8.5を用意。WordPressの投稿権限を持つユーザとしてログインし、細工した実行ファイル(バックドアを設置)をアップロードすることで、ブラウザからWebサービスの実行ユーザ権限での任意のコマンド実行などを試みている。その結果、ユーザ情報が格納されているファイルの読み出し、コマンドの実行、データベース情報の取得が可能なことが実証され、危険性が非常に高いことが確認された。

http://www.nttdata-sec.co.jp/article/vulner/pdf/report20091118.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×