「SNSDB Advisory Report 200907-09」を発表(ラック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

「SNSDB Advisory Report 200907-09」を発表(ラック)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社ラックは11月18日、「SNSDB Advisory Report 2009 07-09」を公開した。本レポートは、同社の脆弱性情報データベース「SNSDB」において発行されたSNSDBアドバイザリをもとに、四半期別に集計を行ったもの。2009年7月から2009年9月に発行した151件のSNSDBアドバイザリを集計したものとなっており、「SNSDBピックアップ脆弱性」「脆弱性サマリ」「脆弱性統計情報」によって構成されている。

 SNSDBピックアップ脆弱性では、第三者に悪用される危険性が特に高いと考えられる17件の脆弱性を紹介している。また、脆弱性サマリでは、アドバイザリの脆弱性をソフトウェア分類として区分した統計情報および四半期別の脆弱性の件数を紹介しており、6つのソフトウェア分類のうち、サーバが45件(30%)と最も多く、前四半期のクライアントを逆転した。脆弱性統計情報では、リスクレベルでは「Medium」が最も多く約34%を占めた。

http://www.lac.co.jp/info/snsdb_advisory/pdf/SNSDB_Advisory_Report_200907-09.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×