WindowsのEmbedded OpenType処理の脆弱性に関する検証レポートを発表(NTTデータ・セキュリティ) | ScanNetSecurity
2021.06.25(金)

WindowsのEmbedded OpenType処理の脆弱性に関する検証レポートを発表(NTTデータ・セキュリティ)

 NTTデータ・セキュリティ株式会社は11月13日、Microsoft WindowsのEmbedded OpenType(EOT)処理の脆弱性(MS09-065)に関する検証レポートを発表した。複数のバージョンのWindowsに含まれるEOTには、DoS攻撃を受ける脆弱性が確認されており、さまざまな経路により細工

製品・サービス・業界動向 業界動向
 NTTデータ・セキュリティ株式会社は11月13日、Microsoft WindowsのEmbedded OpenType(EOT)処理の脆弱性(MS09-065)に関する検証レポートを発表した。複数のバージョンのWindowsに含まれるEOTには、DoS攻撃を受ける脆弱性が確認されており、さまざまな経路により細工されたフォント情報を開いた場合にシステムをクラッシュされる可能性がある。同社ではこの脆弱性について、再現性の検証を行った。

 検証は、Windows Server 2003 SP2 日本語版およびWindows XP SP3 日本語版をターゲットシステムとして、細工したWebコンテンツをロードさせることで実施された。この結果、ターゲットシステムにBSOD(Blue Screen of Death:ブルースクリーン)が引き起こされた。これにより、ターゲットシステムのクラッシュ(強制終了)に成功したことになる。なお、Microsoft社からリリースされている修正プログラムを、十分な検証の後適応することを推奨している。

http://www.nttdata-sec.co.jp/article/vulner/pdf/report20091113_1.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×