偽セキュリティ対策ソフトの認知率は半数に満たず(IPA/ISEC) | ScanNetSecurity
2021.06.24(木)

偽セキュリティ対策ソフトの認知率は半数に満たず(IPA/ISEC)

 独立行政法人 情報処理推進機構 セキュリティセンター(IPA/ISEC)は11月4日、インターネット利用者を対象とした「2009年度 情報セキュリティの脅威に対する意識調査」を実施、結果を発表した。この調査は8月31日から9月7日、15歳以上のPCインターネット利用者を対象に

製品・サービス・業界動向 業界動向
 独立行政法人 情報処理推進機構 セキュリティセンター(IPA/ISEC)は11月4日、インターネット利用者を対象とした「2009年度 情報セキュリティの脅威に対する意識調査」を実施、結果を発表した。この調査は8月31日から9月7日、15歳以上のPCインターネット利用者を対象にWebアンケートによって実施したもの。有効回答数は5,019名。調査結果によると、情報セキュリティに関する攻撃・脅威の認知状況ではワンクリック不正請求(94.4%)、フィッシング詐欺(93.7%)、スパイウェア(88.3%)が上位となり、高い認知状況となった。

 2008年9月の調査結果と比較するとマルウェアは約5ポイント、ボットは約4ポイント上昇したが、それでも4割に至らない状況であった。また、今回初めて調査した偽セキュリティ対策ソフトは、50.8%の利用者が「名前も概要も知らない」ことが判明した。今回新たに追加されたパスワードの設定方法についての質問では、「パスワードは誕生日など推測されやすいものを避けて設定している」が49.4%となり、約半数の利用者が安易なパスワードを設定している可能性がある状況が判明した。また、「複数のサイトでパスワードを併用している」との回答が35.1%となっている。


http://www.ipa.go.jp/security/fy21/reports/ishiki/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×