統計情報を更新[2009年7月](インターネット・ホットラインセンター) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.23(金)

統計情報を更新[2009年7月](インターネット・ホットラインセンター)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 財団法人インターネット協会が運営する「インターネット・ホットラインセンター」は10月20日、インターネット利用者から受け付けた違法・有害情報について、7月分の統計情報を発表した。情報結果によると、寄せられた通報件数は11,922件。そのうち分析担当者が「違法情報」に該当すると判断した情報のうちトップ3は、「わいせつ物公然陳列」(約1,300件)、「児童ポルノ公然陳列」(約280件)、「規制薬物の広告」(約130件)であった。

 これらセンターで違法情報と判断したものは、国外の案件を除いてすべて警察庁の専用窓口へ情報提供し、また警察へ通報したものは一定期間内に差し止め要請があったものを除き、すべてプロバイダや電子掲示板の管理者等へ対応依頼を行っている。そのほか、寄せられた通報について、分析担当者が「公序良俗に反する情報」に該当すると判断した件数は約400件あり、これら情報についても、国外の案件を除いてすべてプロバイダや電子掲示板の管理者等へ利用規約に基づく対応を依頼している。

http://www.internethotline.jp/statistics/2009/stat200907.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×