マイクロソフトを騙るウイルスメールに注意喚起(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.24(水)

マイクロソフトを騙るウイルスメールに注意喚起(JPCERT/CC)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は10月20日、マルウェアが添付されたメールが大量に送りつけられる事象が発生しているとして、注意喚起を発表した。これらは、マイクロソフト社のサポートを騙り、セキュリティ対策を奨励することにより、ユーザに添付されたファイルを実行させようとするもの。

 JPCERT/CCでは例として、件名「Conflicker.B Infection Alert」あるいは「Microsoft Outlook Notification for the XXXX@XXXXXX.jp」などのメールを挙げており、添付ファイル名はともに「install.zip」となっている。これらのメールに添付されたファイルをユーザが展開、実行すると、ユーザのコンピュータにマルウェアがインストールされる危険性がある。不審と思われるメールは、ウイルス対策ソフトでスキャンしたり、破棄するなど十分に注意するよう呼びかけている。


http://www.jpcert.or.jp/at/2009/at090022.txt
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×