コモンクライテリア認定を取得(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

コモンクライテリア認定を取得(RSAセキュリティ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 米RSAは9月28日、同社の「Adaptive Authentication」ソリューションおよび「Data Loss Prevention(DLP)Suite」が、「CCEVS(コモンクライテリア評価/検証スキーム)」に認定されたと発表した。CCEVSは、国際的に認められたISO標準(ISO/IEC15408)で、政府機関やその他の組織により、セキュリティの評価とテクノロジー製品の確認に使用されている。

 今回認定を受けたソリューションは、リスクベース認証および不正検出プラットフォーム「Adaptive Authentication」と、機密データ漏えいに関連する組織上のリスクについて緩和できる「Data Loss Prevention(DLP)Suite」の2種類。同社プロダクト・マネジメント担当バイスプレジデントであるサム・カリー氏は、「公共/民間部門に主要標準に適合するソリューションを提供するには、情報セキュリティ・テクノロジーの評価と購入に対する米国連邦政府機関の要件を満たす、コモンクライテリアの認定が不可欠」と語っている。

http://japan.rsa.com/press_release.aspx?id=10452
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×