コモンクライテリア認定を取得(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity
2022.01.17(月)

コモンクライテリア認定を取得(RSAセキュリティ)

 米RSAは9月28日、同社の「Adaptive Authentication」ソリューションおよび「Data Loss Prevention(DLP)Suite」が、「CCEVS(コモンクライテリア評価/検証スキーム)」に認定されたと発表した。CCEVSは、国際的に認められたISO標準(ISO/IEC15408)で、政府機関やそ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 米RSAは9月28日、同社の「Adaptive Authentication」ソリューションおよび「Data Loss Prevention(DLP)Suite」が、「CCEVS(コモンクライテリア評価/検証スキーム)」に認定されたと発表した。CCEVSは、国際的に認められたISO標準(ISO/IEC15408)で、政府機関やその他の組織により、セキュリティの評価とテクノロジー製品の確認に使用されている。

 今回認定を受けたソリューションは、リスクベース認証および不正検出プラットフォーム「Adaptive Authentication」と、機密データ漏えいに関連する組織上のリスクについて緩和できる「Data Loss Prevention(DLP)Suite」の2種類。同社プロダクト・マネジメント担当バイスプレジデントであるサム・カリー氏は、「公共/民間部門に主要標準に適合するソリューションを提供するには、情報セキュリティ・テクノロジーの評価と購入に対する米国連邦政府機関の要件を満たす、コモンクライテリアの認定が不可欠」と語っている。

http://japan.rsa.com/press_release.aspx?id=10452
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×