感染コンピュータをコントロールする「TROJ_BREDOLAB」の感染報告が増加(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2022.01.20(木)

感染コンピュータをコントロールする「TROJ_BREDOLAB」の感染報告が増加(トレンドマイクロ)

 トレンドマイクロ株式会社は10月5日、2009年9月のインターネット脅威マンスリーレポートを発表した。発表によると、2009年9月の不正プログラム感染被害の総報告数は2,068件で、2009年8月の3,576件から減少した。不正プログラム感染被害報告数ランキングでは、主にUSBメ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 トレンドマイクロ株式会社は10月5日、2009年9月のインターネット脅威マンスリーレポートを発表した。発表によると、2009年9月の不正プログラム感染被害の総報告数は2,068件で、2009年8月の3,576件から減少した。不正プログラム感染被害報告数ランキングでは、主にUSBメモリを悪用する不正な設定ファイル「MAL_OTORUN」およびWindowsの脆弱性を狙う不正プログラム「WORM_DOWNAD」ともにそれぞれ1位と2位を維持している。またプログラム開発環境に感染する不正プログラム「TROJ_INDUC」は、前月4位から圏外に順位を下げている。

 9月は、トロイの木馬型不正プログラム「TROJ_BREDOLAB」の感染報告が数多く寄せられ、感染報告ランキングでも5位となった。「TROJ_BREDOLAB」はボットに類する不正プログラムで、攻撃者が感染コンピュータの強制終了からファイルのダウンロードやアップロード、セキュリティ関係のWebサイトへのアクセスブロックを狙った特定のURLへのアクセス制限などの命令を送信することが可能だ。ランキングの1位は「MAL_OTORUN」(179件)、2位は「WORM_DOWNAD」(109件)、3位は「TROJ_TRACUR」(34件)、4位は「TSPY_ONLINEG」、5位は同数で「WORM_AUTORUN」および「TROJ_BREDOLAB」(27件)となっている。


http://jp.trendmicro.com/jp/threat/security_news/monthlyreport/article/20091005031423.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×