携帯電話版ワンタイムパスワードと認証サーバをセットにして提供(NTTデータ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.25(火)

携帯電話版ワンタイムパスワードと認証サーバをセットにして提供(NTTデータ)

 株式会社NTTデータは9月18日、2月より販売開始したワンタイムパスワード認証の携帯電話版ソフトウェアトークン「BizEmotion-OTP Enterprise Edition」のラインナップに認証サーバアプライアンス製品「RSA SecurID Appliance」を追加し、携帯電話版ソフトウェアトークン

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社NTTデータは9月18日、2月より販売開始したワンタイムパスワード認証の携帯電話版ソフトウェアトークン「BizEmotion-OTP Enterprise Edition」のラインナップに認証サーバアプライアンス製品「RSA SecurID Appliance」を追加し、携帯電話版ソフトウェアトークンとのセット商品として販売を開始した。

 携帯電話版ソフトウェアトークンは、従来のキーホルダー型などのハードウェアトークンと比べ管理者側の負荷を軽減し、簡易に短期間で導入できるのが特長。さらに今回取り扱いを開始するサーバアプライアンスは、認証サーバソフトがインストール済みなためセットアップも容易で、短期間での導入・環境構築が可能。これにより、ワンタイムパスワード認証システムを短期間で新規導入でき、新型インフルエンザなどで緊急に在宅勤務(テレワーク)を行う必要がある場合でも、有効なセキュリティ対策が施せる。また、ハードウェアトークンとの併用も可能なため、利用シーンに応じて柔軟にトークンを選択することができる。

 携帯はDocomo、au、SoftBankの3キャリア400機種以上に対応。価格はアプライアンス+100ユーザの場合で2,500,000円〜、アプライアンス+250ユーザの場合で5,000,000円〜(両方ともトークン有効期限は3年)。

http://www.nttdata.co.jp/release/2009/091800.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×