09年上半期の注目すべき情報セキュリティ技術動向をまとめた報告書を発表(IPA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.18(月)

09年上半期の注目すべき情報セキュリティ技術動向をまとめた報告書を発表(IPA)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)セキュリティセンターは9月30日、2009年上半期の注目すべき情報セキュリティ関連技術などをまとめた報告書「情報セキュリティ技術動向調査(2009年上期)」を発表した。

 同書は、IPAのセキュリティ専門委員会「情報セキュリティ技術動向調査TG(タスクグループ)」が定例会合において発表・討議した、情報セキュリティのエンジニアリング分野における注目すべき技術動向や話題などをまとめて紹介・解説したもの。今期は、プログラミング言語「Python」にUntrusted search path vulnerabilityという脆弱性が多く採番・報告されている件を始め、Linuxカーネルに加わった2つのセキュリティ強化機能(TOMOYO Linux及びLinux-IMA)の解説、DNSSEC(DNS Security Extension)配備に先立つ米国連邦政府の取り組みや普及などを紹介。

 さらに、経路制御に対する攻撃に関する話題として、Long AS Path事件及びBGPのMan-in-the-middle攻撃を取り上げている他、大規模感染型マルウェア「Conficker(別名Downadup)」やその亜種の動向調査、インターネット上におけるアイデンティティ管理技術OAuth仕様の策定状況の報告、「クラウドコンピューティング」のセキュリティに関して、CSA(Cloud Security Alliance)が発行したガイドラインの紹介などが掲載されている。

http://www.ipa.go.jp/security/fy21/reports/tech1-tg/indexa.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×