EZweb「とくする情報」に新規登録した会員情報が閲覧可能な状態に(mediba) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.19(火)

EZweb「とくする情報」に新規登録した会員情報が閲覧可能な状態に(mediba)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社medibaは9月28日、同社が提供するau携帯電話インターネットサービス「EZweb」上の無料情報サイト「とくする情報」に新規会員登録した顧客の登録情報が、他のユーザに閲覧可能となる事態が発生したことが判明したと発表した。これはシステム不具合により、一定の条件において特定の会員番号に繰り返し会員登録が行われる状況が発生したというもの。

 このため「とくする情報」に新規に会員登録した一部の顧客の登録情報が、次に会員登録を行った顧客に閲覧されてしまった可能性がある。不具合が発生したのは2009年9月16日22時37分から翌17日0時7分、および9月17日21時28分から22時10分。この間に会員登録を行ったのは1,507名で、そのうち15名の登録情報が、最大67名に閲覧された可能性があるという。閲覧された可能性のある登録情報はニックネーム、携帯メールアドレスなど。


http://www.mediba.jp/news/files/news090928.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×