暗号化通信を監視、監査する次世代アプライアンスを提供開始(DIT) | ScanNetSecurity
2022.08.17(水)

暗号化通信を監視、監査する次世代アプライアンスを提供開始(DIT)

 株式会社ディアイティは9月16日、SSHコミュニケーションズ・セキュリティ社(SSH)の暗号化通信を監視、監査するためのアプライアンス「SSH Tectia Guardian」を10月1日より販売すると発表した。希望小売価格は、本体及び25サーバ接続ライセンス込みで9,800,000円(税

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社ディアイティは9月16日、SSHコミュニケーションズ・セキュリティ社(SSH)の暗号化通信を監視、監査するためのアプライアンス「SSH Tectia Guardian」を10月1日より販売すると発表した。希望小売価格は、本体及び25サーバ接続ライセンス込みで9,800,000円(税別)。同製品は、権限のある管理ユーザによって利用される暗号化されたチャネルをモニターし、監査、調査を行うもの。

 SSH TectiaおよびOpen SSHサーバへのファイル転送、コマンド実行に関する詳細なログの取得/モニターが可能なほか、記録された内容は動画データとして、再生、検索が行える。ログは監査証跡として、50人分のSSHを利用したリモートアクセス(24×365)のアクティビティを、約1年間分保管することが可能。ポート対象プロトコルは、Secure Shell、リモートデスクトップ(RDP)、Telnet。「4eyesポリシー」の採用や独立性によりフォレンジックに対応する。

http://www.dit.co.jp/news/news2009/2009_0916.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×