WindowsのSMB脆弱性に関する検証レポートを発表、システムクラッシュ確認(NTTデータ・セキュリティ) | ScanNetSecurity
2021.05.07(金)

WindowsのSMB脆弱性に関する検証レポートを発表、システムクラッシュ確認(NTTデータ・セキュリティ)

 NTTデータ・セキュリティ株式会社は9月9日、WindowsのSMB(Server Message Block)のDoS攻撃に対しての脆弱性に関する検証レポートを発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 NTTデータ・セキュリティ株式会社は9月9日、WindowsのSMB(Server Message Block)のDoS攻撃に対しての脆弱性に関する検証レポートを発表した。

 SMBとは、ファイル共有やプリンタ共有に利用されるプロトコル。この脆弱性により、システムがクラッシュさせられ、結果、BSOD(Blue Screen of Death:ブルースクリーン)を引き起こさせられる危険性があるとしている。影響を受けるOSは、Windows Vista(32bit/64bit版全バージョン)、同Server 2008(32bit/64bit/Itanium版全バージョン)。

 検証では、ターゲットとしてWindows Vistaと同Server 2008 SP2の両日本語版を用意。ターゲットシステムのSMBに対して細工したパケットを送信することで、リモートからシステムをクラッシュさせ、ブルースクリーン状態を引き起こすことができるかを検証した結果、それに成功している。対策としては、現時点では修正プログラムがリリースされていないため、SMBを無効にするかファイアーウォールで接続を制限することを推奨している。

http://www.nttdata-sec.co.jp/article/vulner/pdf/report20090909.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×