WindowsのSMB脆弱性に関する検証レポートを発表、システムクラッシュ確認(NTTデータ・セキュリティ) | ScanNetSecurity
2022.08.17(水)

WindowsのSMB脆弱性に関する検証レポートを発表、システムクラッシュ確認(NTTデータ・セキュリティ)

 NTTデータ・セキュリティ株式会社は9月9日、WindowsのSMB(Server Message Block)のDoS攻撃に対しての脆弱性に関する検証レポートを発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 NTTデータ・セキュリティ株式会社は9月9日、WindowsのSMB(Server Message Block)のDoS攻撃に対しての脆弱性に関する検証レポートを発表した。

 SMBとは、ファイル共有やプリンタ共有に利用されるプロトコル。この脆弱性により、システムがクラッシュさせられ、結果、BSOD(Blue Screen of Death:ブルースクリーン)を引き起こさせられる危険性があるとしている。影響を受けるOSは、Windows Vista(32bit/64bit版全バージョン)、同Server 2008(32bit/64bit/Itanium版全バージョン)。

 検証では、ターゲットとしてWindows Vistaと同Server 2008 SP2の両日本語版を用意。ターゲットシステムのSMBに対して細工したパケットを送信することで、リモートからシステムをクラッシュさせ、ブルースクリーン状態を引き起こすことができるかを検証した結果、それに成功している。対策としては、現時点では修正プログラムがリリースされていないため、SMBを無効にするかファイアーウォールで接続を制限することを推奨している。

http://www.nttdata-sec.co.jp/article/vulner/pdf/report20090909.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×