インサイダー・リスクについてCXOの意識改革の必要性を指摘(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity
2022.08.08(月)

インサイダー・リスクについてCXOの意識改革の必要性を指摘(RSAセキュリティ)

 RSA, The Security Division of EMCは8月25日、IDCの新たな調査により、会社のインサイダーによる偶発的なセキュリティインシデントの方が、悪意あるインサイダー攻撃よりも発生頻度が高く、マイナスの影響も大きい可能性をもつことが明らかになったと発表した。これは

製品・サービス・業界動向 業界動向
 RSA, The Security Division of EMCは8月25日、IDCの新たな調査により、会社のインサイダーによる偶発的なセキュリティインシデントの方が、悪意あるインサイダー攻撃よりも発生頻度が高く、マイナスの影響も大きい可能性をもつことが明らかになったと発表した。これは、調査を主催したEMCのセキュリティ部門であるRSAが発表したもの。これによると、CXOの約82%が請負業者や派遣社員によるインシデントが偶発的か故意かを確実に把握していなかった。

 ホワイトペーパーの各組織内のインサイダー・セキュリティ・インシデントの件数に関する記述によると、400名の回答者がこれまでの12ヵ月間の事例として、偶発的なデータ消失が6,244件、社内からのマルウェア、スパイウェア攻撃が5,830件、過度な特権およびアクセス制御権によって生じたリスクが5,794件であったと回答した。合計すると、内部セキュリティ・インシデント発生数は12ヵ月間で57,485件となる。

http://japan.rsa.com/press_release.aspx?id=10396
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×