講師募集Webサイトに応募した登録者の個人情報が閲覧可能な状態に(MAXISホールディングス) | ScanNetSecurity
2022.08.17(水)

講師募集Webサイトに応募した登録者の個人情報が閲覧可能な状態に(MAXISホールディングス)

 株式会社MAXISホールディングスは8月20日、同社の講師募集Webサイトにおいて一部の応募登録者から他の応募登録者の個人情報が閲覧可能な状態にあったことが判明したと発表した。システム設定の不備が原因だという。当該講師募集サイトはすでに閉鎖しており、現在のとこ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社MAXISホールディングスは8月20日、同社の講師募集Webサイトにおいて一部の応募登録者から他の応募登録者の個人情報が閲覧可能な状態にあったことが判明したと発表した。システム設定の不備が原因だという。当該講師募集サイトはすでに閉鎖しており、現在のところ個人情報の流出による被害は確認されていないとしている。

 情報閲覧が可能だった期間は最大で2006年11月から2009年8月17日までで、閲覧可能であった情報は最大453名分。閲覧可能であった情報は氏名、学校名、電話番号、メールアドレスで、住所は含まれていないという。


http://www.maxis.ne.jp/info0820.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×