2009年上半期のマルウェアレポートを発表(G DATA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.20(水)

2009年上半期のマルウェアレポートを発表(G DATA)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 G Data Software株式会社は8月26日、2009年上半期のマルウェアレポートを発表した。レポートによると、2009年上半期のマルウェア発生数は663,952種に上り、2008年上半期から2倍以上、2008年下半期からは約15%の伸びを見せた。活動しているマルウェアの種類は7%減少している。種別では、トロイの木馬、バックドア、ダウンローダーが多く現れ、トロイの木馬とダウンローダーは比率が上昇し、バックドアは下降した。ルートキットは引き続き増え続け、2008年上半期から8倍以上の増加となった。

 また、全マルウェアの99.3%がWindowsを標的としていたが、15種はMacOS Xユーザを攻撃対象としており、4月にはAppleを標的とする初のボットネットも確認された。モバイルプラットフォームの不正コードがトップ5に入ったが、その数は106種であり、割合では微々たるものであった。今後の展望としては、インターネット上に仕掛けられた不正コードの数はまだまだ減少せず、感染方法はより複雑化、巧妙化し、成熟してゆくとしている。さらに、マルウェア製造者は今後、MacOS Xやスマートフォンを標的とするおそれがあると指摘している。

http://www.gdata.co.jp/press/GdataMalwareReportAug2009.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×