マルウェアマンスリーレポート、DirektShowスクリプト3種がランクイン(カスペルスキー) | ScanNetSecurity
2021.08.04(水)

マルウェアマンスリーレポート、DirektShowスクリプト3種がランクイン(カスペルスキー)

 株式会社Kaspersky Labs Japanは8月3日、2009年7月のマルウェアマンスリーレポートを発表した。これは、カスペルスキーセキュリティネットワーク(KSN)の結果をもとに、最も蔓延しているウイルスをふたつのランキングにまとめたもの。7月のひとつ目のランキングでは、

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社Kaspersky Labs Japanは8月3日、2009年7月のマルウェアマンスリーレポートを発表した。これは、カスペルスキーセキュリティネットワーク(KSN)の結果をもとに、最も蔓延しているウイルスをふたつのランキングにまとめたもの。7月のひとつ目のランキングでは、あまり大きな変化は見られず、KidoおよびSalityが他を大きく離して引き続き上位を占めた。一方で、休暇シーズンの影響か、最も蔓延しているマルウェアに感染したPCの台数は若干減っている。2つ目のランキングでは、DirektShowという名前のエクスプロイトスクリプトが3つランクインした。

 ユーザのコンピュータ上で検知した悪意あるプログラムのランキングでは、1位が「Net-Worm.Win32.Kido.ih」、2位が「Virus.Win32.Sality.aa」、3位が「Trojan-Downloader.Win32.VB.eql」、4位が「Trojan.Win32.Autoit.ci」、5位が「Worm.Win32.AutoRun.dui」となった。また、Webアンチウイルスの統計結果ランキングでは、1位が「Trojan-Downloader.JS.Gumblar.a」、2位が「Trojan-Clicker.HTML.IFrame.kr」、3位が「Trojan-Downloader.HTML.IFrame.sz」、4位が「Trojan-Downloader.JS.LuckySploit.q」、5位が「Trojan-Downloader.HTML.FraudLoad.a」となった。


http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207578777
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×