マルウェアマンスリーレポート、複数の感染経路を持つ2種がランクイン(カスペルスキー) | ScanNetSecurity
2021.10.16(土)

マルウェアマンスリーレポート、複数の感染経路を持つ2種がランクイン(カスペルスキー)

 株式会社Kaspersky Labs Japanは6月3日、2009年5月のマルウェアマンスリーレポートを発表した。これは、カスペルスキーセキュリティネットワーク(KSN)の結果をもとに、最も蔓延しているウイルスをふたつのランキングにまとめたもの。発表によると、5月のランキングで

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社Kaspersky Labs Japanは6月3日、2009年5月のマルウェアマンスリーレポートを発表した。これは、カスペルスキーセキュリティネットワーク(KSN)の結果をもとに、最も蔓延しているウイルスをふたつのランキングにまとめたもの。発表によると、5月のランキングではあまり大きな変化は見られず、新たにランクインしたのは、P2Pワーム「Palevo.ddm」およびトロイの木馬「Swizzor.a」の2種であった。「Palevo.ddm」は、各種P2Pネットワークを経由して拡散するほか、リムーバブルメディアにも感染することから、拡散の範囲が広がっている。「Swizzor.a」は、いくつかの興味深い高度な方法を使って、コードを難読化したりシステム上で自身の存在を隠す。サイバー犯罪者のサーバではこのマルウェアの亜種が毎日何百も生み出されているため、このマルウェアは両方のランキングに登場している。

 ユーザのコンピュータ上で検知した悪意あるプログラムのランキングでは、1位が「Net-Worm.Win32.Kido.ih」、2位が「Virus.Win32.Sality.aa」、3位が「Trojan-Dropper.Win32.Flystud.ko」、4位が「Trojan.Win32.Autoit.ci」、5位が「Trojan.JS.Agent.xy」となった。また、検知された感染オブジェクト内で多く見られる悪意あるプログラムのランキングでは、1位が「Virus.Win32.Sality.aa」、2位が「Worm.Win32.Mabezat.b」、3位が「Trojan-Clicker.HTML.IFrame.aga」、4位が「Virus.Win32.Virut.ce」、5位が「Net-Worm.Win32.Nimda」となった。



http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207578770
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×