悪意あるWebページへのリンクを含むビデオ、YouTube上で約5,000件を検出(PS Japan) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.22(水)

悪意あるWebページへのリンクを含むビデオ、YouTube上で約5,000件を検出(PS Japan)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 Panda Securityの日本法人であるPS Japan株式会社は5月26日、サイバー犯罪者達ができるだけ多くのユーザに到達するよう、主なWeb2.0サイト上でコメントを投稿していることを同社のブログ上で発表した。これは、サイバー犯罪者達がマルウェアを配布するために、ポピュラーなWeb2.0サイトをどのように攻撃しているかの一例。このような攻撃は、以前からDigg.comおよびFacebookにおいて少数見られていたが、今回、Panda Securityのマルウェア検出・分析研究所であるPandaLabsは、YouTube上でマルウェアをダウンロードするために設計されたWebページへ誘導するリンクを含むコメントのあるビデオを最大4,900件検出した。

 コメントは通常示唆に富んでおり、そのリンクがユーザを合法的な成人向けコンテンツを含むWebページへ誘導すると主張している。しかし、ユーザがリンクをクリックすると、それらはオリジナルを偽り本当はマルウェアをダウンロードするために設計されたページへアクセスさせる。このページ上では、ユーザはビデオを見るためにファイルをダウンロードすることを促される。その通りにすると、ユーザは実はPrivacyCenterをコピーした偽アンチウイルスをダウンロードすることになってしまう。


http://pandajapanblogs.blogspot.com/2009/05/youtube5000-web.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×