Microsoft IIS 6.0のWebDAV認証回避の脆弱性に関する検証レポートを公開(NTTデータ・セキュリティ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.23(土)

Microsoft IIS 6.0のWebDAV認証回避の脆弱性に関する検証レポートを公開(NTTデータ・セキュリティ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 NTTデータ・セキュリティ株式会社は5月18日、Microsoft Internet Information Server(IIS)6.0のWebDAV認証回避の脆弱性に関する検証レポートを公開した。この脆弱性は、IIS 6.0のWebDAVのUnicode処理に存在するもの。これによりIIS 6.0での認証付きページ、およびWebDAVでの認証を回避される危険性がある。同社では、この脆弱性の再現性についての検証を行った。

 検証は、ターゲットシステムにWindows 2003 Server Standard Edition Service Pack 2およびMicrosoft IIS 6.0を使用し、ターゲットシステムに細工したHTTPリクエストを送信することで、認証を回避しファイル操作を行った。検証の結果、ターゲットシステムのWebDAVディレクトリ「webdav/」内のファイル名を取得でき、認証を回避して特定のファイルの取得に成功した。現時点で、この脆弱性の修正プログラムはリリースされていない。リリースされるまでは、WebDAV機能を一時的に無効にすることを推奨している。

http://www.nttdata-sec.co.jp/article/vulner/pdf/report20090518.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×