パーソナルナビにUSBウイルス混入の可能性(クラリオン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

パーソナルナビにUSBウイルス混入の可能性(クラリオン)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 クラリオン株式会社は5月11日、同社が販売しているパーソナルナビゲーションデバイス(PND)「DTR-P7DT/75DT」と「DTR-P50/55」において、一部の生産ロットの製品に、一般では「USBオートランウイルス(ワーム)」と定義されているウイルスが混入している可能性があることが本年2月以降に同社工場出荷時に実施したバージョンアップ作業により判明したと発表した。該当製品を単独で使用している場合にはウイルスによる不具合は生じないことが検査の結果判明しているが、該当製品をWindowsOSのPCへUSB接続して利用した際にPCがウイルスに感染する恐れがある。ウイルスを駆除した製品は正常に使用できるが、希望するユーザには新品と交換するという。


http://www.clarion.com/jp/ja/topics/index_2009/090511_01/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×