マルウェアマンスリーレポート、新たに2種がランクイン(カスペルスキー) | ScanNetSecurity
2021.12.06(月)

マルウェアマンスリーレポート、新たに2種がランクイン(カスペルスキー)

 株式会社Kaspersky Labs Japanは5月4日、2009年4月のマルウェアマンスリーレポートを発表した。これは、カスペルスキーセキュリティネットワーク(KSN)の結果をもとに、最も蔓延しているウイルスをふたつのランキングにまとめたもの。発表によると、4月のランキングで

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社Kaspersky Labs Japanは5月4日、2009年4月のマルウェアマンスリーレポートを発表した。これは、カスペルスキーセキュリティネットワーク(KSN)の結果をもとに、最も蔓延しているウイルスをふたつのランキングにまとめたもの。発表によると、4月のランキングでは、新たにランクインした「Virus.Win32.Virut.ce」および「Exploit.HTML.CodeBaseExec」に注目している。「Virus.Win32.Virut.ce」は、新しい亜種が毎日出現しており、ボットネットを拡大しようとしている。一方「Exploit.HTML.CodeBaseExec」は、2004年に初めて検知されたもの。セキュリティアップデートを行っていない、または古いバージョンをそのまま使用している Internet Explorerユーザを狙っている。

 ユーザのコンピュータ上で検知した悪意あるプログラムのランキングでは、1位が「Net-Worm.Win32.Kido.ih」、2位が「Virus.Win32.Sality.aa」、3位が「Trojan-Dropper.Win32.Flystud.ko」、4位が「Trojan.Win32.Chifrax.a」、5位が「Trojan.Win32.Autoit.ci」となった。また、検知された感染オブジェクト内で多く見られる悪意あるプログラムのランキングでは、1位が「Virus.Win32.Sality.aa」、2位が「Worm.Win32.Mabezat.b」、3位が「Virus.Win32.Virut.ce」、4位が「Net-Worm.Win32.Nimda」、5位が「Virus.Win32.Xorer.du」となった。


http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207578758
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×