フォーティネットウイルス対処状況レポート、新種が多数ランクイン(フォーティネット) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.21(日)

フォーティネットウイルス対処状況レポート、新種が多数ランクイン(フォーティネット)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 フォーティネットジャパン株式会社は5月7日、2009年4月度の「フォーティネットウイルス対処状況レポート」を発表した。発表によると、2009年4月、FortiGuard IPSは新たに96件の脆弱性を検知した。新たに見つかったこれらの脆弱性のうち、31.3%にあたる30件は積極的な攻撃を仕掛けたことが報告されている。変種ごとに分類したマルウェア活動のトップ10ランキングでは、1位が「W32/Virut.A(8.2%)」、2位が「W32/Dropper.PTD!tr(6.2%)」、3位が「W32/OnlineGames.MIG!tr.pws(5.7%)」、4位が「Spy/OnLineGames(5.6%)」、5位が「W32/Agent.JNR!tr(4.8%)」と、トップ5に新たに3種のマルウェアがランクインした。


http://www.fortinet.co.jp/news/pr/2009/pr050709.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×