Oracle DatabaseのTNS Listener脆弱性問題に関する検証レポートを公開(NTTデータ・セキュリティ) | ScanNetSecurity
2020.10.25(日)

Oracle DatabaseのTNS Listener脆弱性問題に関する検証レポートを公開(NTTデータ・セキュリティ)

 NTTデータ・セキュリティ株式会社は4月23日、TNS Listenerの脆弱性(CVE-2009-0991)に関する検証レポートを公表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 NTTデータ・セキュリティ株式会社は4月23日、TNS Listenerの脆弱性(CVE-2009-0991)に関する検証レポートを公表した。

 この問題は、Oracle Databaseが利用するTNS Listener(クライアントからの要求を受け付けて接続を確立させるサービス)に脆弱性が存在し、これを悪用されると、リモートからTNS Listenerを停止されて、Oracle Databaseへの接続不能を引き起こされる可能性があるというもの。影響を受けるのは、バージョン9.2.0.8、9.2.0.8DV、10.1.0.5、10.2.0.4、11.1.0.7のOracle Databaseが利用するTNS Listener。Oracle社からはすでに各修正パッチがリリースされており、最新バージョンへのアップデートが推奨されている。

 今回の検証では、Windows Server 2003 SP2にインストールしたOracle Database10.2.0.1.0をターゲットとして用意。このシステムに攻撃コードを実際に送信し、サービスが停止できるかを検証している。結果としては、攻撃コード送信後にTNS Listenerが問い合わせに応答しないこと、システムイベントログにエラー発生が記録されていることから、攻撃に成功したことが確認できた。

http://www.nttdata-sec.co.jp/article/vulner/pdf/report20090423.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×