自動データ消去機能を搭載した安全なUSBメモリを開発(富士通研究所他) | ScanNetSecurity
2020.10.30(金)

自動データ消去機能を搭載した安全なUSBメモリを開発(富士通研究所他)

 株式会社富士通研究所と同研究所の米国拠点Fujitsu Laboratories of America社は4月17日、USBメモリの紛失やWinnyなどによる情報流出の防止に向けて、単体でも一定時間が過ぎると自動的にデータが消える安全なUSBメモリと、本USBメモリ中のデータを特定のサーバにしか

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社富士通研究所と同研究所の米国拠点Fujitsu Laboratories of America社は4月17日、USBメモリの紛失やWinnyなどによる情報流出の防止に向けて、単体でも一定時間が過ぎると自動的にデータが消える安全なUSBメモリと、本USBメモリ中のデータを特定のサーバにしか保存させないファイル・リダイレクト技術を開発したと発表した。

 新開発した「安全なUSBメモリ」は、USBメモリ内部にCPUやバッテリーを持つ特殊なUSBメモリ。一定時間を過ぎたり、許可されていないPCに接続した場合には、自動的にデータを消去したりUSBメモリとして利用できなくするなどのセキュリティポリシーを設定することが可能。もう一つの「ファイル・リダイレクト技術」は、本USBメモリと一緒に持ち出すPC上にファイル・リダイレクト・ソフトウェアをインストールしておくと、USBメモリ内のデータのコピー先を、USBメモリと社内の特定のサーバだけに制限することができるというもの。機密情報のメールへの添付や、印刷を禁止することも可能。

 この2つの技術を組み合わせることにより、安全に社内外で情報を持ち運ぶ環境を構築できる。なお、今回の技術は、富士通におけるプロジェクト管理サービスと連携して社内試行を行っており、その後、製品化を目指した検証を進めていく予定。具体的な製品化時期などは未発表。

http://pr.fujitsu.com/jp/news/2009/04/17-1.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×