元社員による顧客情報の流出先が拡大、80社近くに(三菱UFJ証券) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.19(水)

元社員による顧客情報の流出先が拡大、80社近くに(三菱UFJ証券)

 三菱UFJ証券株式会社は4月17日、同社のシステム部元社員が約150万名分の顧客情報を不正持ち出し、一部を売却した件で、さらに新事実が判明したと発表した。4月8日の発表時点では、元社員から顧客情報を入手した名簿業者3社が同名簿を販売した先は13社としていたが、そ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 三菱UFJ証券株式会社は4月17日、同社のシステム部元社員が約150万名分の顧客情報を不正持ち出し、一部を売却した件で、さらに新事実が判明したと発表した。4月8日の発表時点では、元社員から顧客情報を入手した名簿業者3社が同名簿を販売した先は13社としていたが、その後の調査によって14社であり、このほかにサンプルのみを受け取った業者が現時点で15社あることが判明した。

 また、顧客からの情報により、同社の顧客情報を入手した可能性のある業者が50社程度あるという。同社では、これらの業者に対し同情報を利用した勧誘の停止と、勧誘リストからの削除を求めるとともに、同社の代理人弁護士から警告書を送付し事態の収拾に努めているという。


http://www.sc.mufg.jp/company/press/pdf/press20090417.pdf

http://www.sc.mufg.jp/company/press/pdf/press20090408.pdf

https://www.netsecurity.ne.jp/1_13156.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×