ゲートウェイ型メール暗号化/電子署名付加ソフトの最新版を販売開始(HDE) | ScanNetSecurity
2021.09.21(火)

ゲートウェイ型メール暗号化/電子署名付加ソフトの最新版を販売開始(HDE)

 株式会社HDEは4月8日、の最新版「HDE Secure Mail 3.5 for S/MIME」を発表し、4月10日より販売を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社HDEは4月8日、の最新版「HDE Secure Mail 3.5 for S/MIME」を発表し、4月10日より販売を開始した。

 同ソフトは、ゲートウェイサーバを通じてメールを自動的に暗号化したり電子署名を付加することで第三者によるメールの盗聴・改ざん、なりすましを防止するソフトウェア。今回発表した最新版では、暗号化アルゴリズムとして、現在、標準化されている方式の中では最も暗号強度が高い「AES-256」が追加され、よりセキュアなメール環境の構築が可能となっている。価格は
2,100,000円(10アドレス)〜。

http://www.hde.co.jp/press/pressrelease/release.php?rd=200904090
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×