ゲートウェイ型メール暗号化/電子署名付加ソフトの最新版を販売開始(HDE) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.19(金)

ゲートウェイ型メール暗号化/電子署名付加ソフトの最新版を販売開始(HDE)

 株式会社HDEは4月8日、の最新版「HDE Secure Mail 3.5 for S/MIME」を発表し、4月10日より販売を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社HDEは4月8日、の最新版「HDE Secure Mail 3.5 for S/MIME」を発表し、4月10日より販売を開始した。

 同ソフトは、ゲートウェイサーバを通じてメールを自動的に暗号化したり電子署名を付加することで第三者によるメールの盗聴・改ざん、なりすましを防止するソフトウェア。今回発表した最新版では、暗号化アルゴリズムとして、現在、標準化されている方式の中では最も暗号強度が高い「AES-256」が追加され、よりセキュアなメール環境の構築が可能となっている。価格は
2,100,000円(10アドレス)〜。

http://www.hde.co.jp/press/pressrelease/release.php?rd=200904090
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×