2009年1月から3月のインシデントハンドリング業務報告を発表(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.22(日)

2009年1月から3月のインシデントハンドリング業務報告を発表(JPCERT/CC)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 有限責任中間法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は4月7日、2009年1月1日から3月31日における「JPCERT/CC インシデントハンドリング業務報告」を発表した。報告によると、JPCERT/CCが同期間に受け付けた届出のうち、コンピュータセキュリティインシデントに関するものは564件(のべ946通)、インシデント対象IPアドレス数は684アドレスであった。また、インシデントの届出に基づいて国内外の関連するサイトとの調整を行った件数は388件であった。

 scanについての届出は171件、管理者権限の盗用またはシステムへの侵入についての届出は26件であった。このうち20件がWebサイトの改ざんとなっている。サービス利用者のID、パスワード、口座番号、暗証番号、個人情報等の重要な情報を盗み取ろうとする「フィッシング行為」についての届出は182件。国内のサイトを装ったフィッシングサイトの届出件数は25件 / 182件、国外のサイトを装ったフィッシングサイトの届出件数は143件 / 182件であった。

http://www.jpcert.or.jp/pr/2009/IR_Report090407.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×