エイプリルフールへの警戒と専用ワクチンを提供(アンラボ) | ScanNetSecurity
2021.07.31(土)

エイプリルフールへの警戒と専用ワクチンを提供(アンラボ)

 株式会社アンラボは3月27日、エイプリフールを狙った悪性コードに対する注意喚起を発表した。被害報告はまだないものの、同社ではインシデント発生の可能性が高いと判断し、V3ウイルスブロック製品とアプライアンス製品のエンジンを緊急アップデートした。3月7日に発見

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社アンラボは3月27日、エイプリフールを狙った悪性コードに対する注意喚起を発表した。被害報告はまだないものの、同社ではインシデント発生の可能性が高いと判断し、V3ウイルスブロック製品とアプライアンス製品のエンジンを緊急アップデートした。3月7日に発見されたこの悪性コードは、今年初めから多くの被害が報告されている「コンフィッカー(Conficker)」ワームの亜種であり、4月1日(エイプリフール)を狙って製作されたとみられている。

 この悪性コードに感染したコンピュータは、2009年4月1日になると外部の特定システムへアクセスを試み、他の悪性コードとみられるファイルをダウンロードする。この過程で500以上のドメインにランダムにアクセスを試みる一方、イントラネット外部のIPアドレスへP2Pアクセスを試みるため、ネットワークトラフィックの負荷を誘発する。これに伴い、多数の悪性コードに感染した企業ではネットワーク障害が発生する可能性がある。同社ではあらかじめ対策を行うよう呼びかけるとともに、コンフィッカーワーム専用無料ワクチンの無償提供も行っている。


http://japan.ahnlab.com/news/view.asp?seq=4003
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×