機密情報を含む文書ファイルを自動検出するソフトウェアを開発(三菱電機) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.20(木)

機密情報を含む文書ファイルを自動検出するソフトウェアを開発(三菱電機)

 三菱電機株式会社は3月25日、機密として登録した文書ファイルに内容が類似した文書ファイルを高精度に検出する機密情報自動検出ソフトウェアを開発したと発表した。本ソフトウェアではキーワード検索に加え、機密と非機密に分けて登録した文書ファイルから出現頻度の高

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 三菱電機株式会社は3月25日、機密として登録した文書ファイルに内容が類似した文書ファイルを高精度に検出する機密情報自動検出ソフトウェアを開発したと発表した。本ソフトウェアではキーワード検索に加え、機密と非機密に分けて登録した文書ファイルから出現頻度の高い文字列(統計的特徴)を自動で学習する学習型フィルターにより、従来検出できなかった内容の類似した文書ファイルも検出する。

 同社内の約14,000件の文書ファイルを対象とした評価試験では、機密文書ファイルの99.9%(従来は89.7%)を「機密」として検出し、検出漏れが少ないことを確認した。また、学習型フィルターは機密に属する統計的特徴と非機密に属する統計的特徴を自動で学習するため、人手による複雑な条件設定作業が不要となる。同社では今後、メールに含まれる機密情報を検知するシステムや、PCやサーバ内の機密文書ファイルを検出するシステム等の開発を行い、2009年度内の事業化を目指すとしている。

http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2009/0325.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×