GMOホスティング&セキュリティにセキュリティサービスを提供(バリオセキュア) | ScanNetSecurity
2021.07.29(木)

GMOホスティング&セキュリティにセキュリティサービスを提供(バリオセキュア)

 バリオセキュア・ネットワークス株式会社(バリオセキュア)は3月16日、GMOホスティング&セキュリティ株式会社(GMO-HS)のサービス「メールサーバー運用代行サービス」に「専用ファイアーウォール」と「迷惑メールフィルタ」を提供開始したと発表した。これにより、

製品・サービス・業界動向 業界動向
 バリオセキュア・ネットワークス株式会社(バリオセキュア)は3月16日、GMOホスティング&セキュリティ株式会社(GMO-HS)のサービス「メールサーバー運用代行サービス」に「専用ファイアーウォール」と「迷惑メールフィルタ」を提供開始したと発表した。これにより、インターネットビジネスを行う企業にとって重要なセキュリティ対策を支援し、GMO-HSとともにインターネットビジネスの活性化を狙う。

 同社では現在、「専用型ファイアーウォール」、アクセス集中などでサーバにかかる負荷を効率分散させる「ロードバランサー」、悪意のあるユーザの侵入や攻撃を検知し、3 段階の危険度に応じて作動し自動防御する「IDS&ADS サービス」を提供している。GMO-HSの「メールサーバー運用代行サービス」は、専用サーバ筐体、ウイルス除去、スパム対策ソフトなどをパッケージ化し、企業に代わって運用代行するサービス。ユーザは、常時安定したメールサーバ環境を利用でき、人件費を含めた運用コストの大幅削減も可能となる。

http://www.variosecure.net/whatsnew/20090316_Vario_GMO-HS01.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×