アクティブなID詐欺、2008年は世界中で1,000万人以上が被害に(Panda Security) | ScanNetSecurity
2021.07.25(日)

アクティブなID詐欺、2008年は世界中で1,000万人以上が被害に(Panda Security)

 Panda Securityは3月16日、PandaLabsによって行われたID詐欺マルウェアに関する包括的な調査結果を発表した。調査結果によると、2008年における6,700万台のコンピュータの分析に基づき、PandaLabsは世界のインターネット人口の1.1%がID詐欺マルウェアの活動にさらされ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 Panda Securityは3月16日、PandaLabsによって行われたID詐欺マルウェアに関する包括的な調査結果を発表した。調査結果によると、2008年における6,700万台のコンピュータの分析に基づき、PandaLabsは世界のインターネット人口の1.1%がID詐欺マルウェアの活動にさらされていたことを明らかにした。Panda Securityのオンラインマルウェアスキャニングサービスである「ActiveScan」から推測した結果、昨年世界中で1,000万人以上のユーザがアクティブなID詐欺ベースのマルウェアに感染していたことがわかった。

 また調査結果では、2008年の1年間にスキャンされた全PCの1.07%は、「Banker Trojans」のようなID詐欺関連のアクティブなマルウェア(スキャン中メモリ上に常駐しているもの)に感染していたことや、感染していたPCの35%は、最新のアンチウイルスソフトがインストールされていたことなどを挙げている。さらに、ID詐欺関連のマルウェアに感染したPCの数は、2008年上半期と比較し下半期は800%の増加となっており、PandaLabsは過去14ヶ月の傾向に基づき、2009年を通して感染率が1ヶ月あたりさらに336%増加すると予測している。


http://pandasoftware.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×