「Kido」の新しい亜種に対する注意喚起を発表(カスペルスキー) | ScanNetSecurity
2021.08.06(金)

「Kido」の新しい亜種に対する注意喚起を発表(カスペルスキー)

 株式会社Kaspersky Labs Japanは3月11日、悪意あるプログラム「Kido」の新しい亜種を検知したと発表した。今回の亜種が以前のバージョンと異なる点は、トロイの木馬としての機能がより拡張されていることであり、注意が必要としている。「Net-Worm.Win32.Kido.ip」「N

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社Kaspersky Labs Japanは3月11日、悪意あるプログラム「Kido」の新しい亜種を検知したと発表した。今回の亜種が以前のバージョンと異なる点は、トロイの木馬としての機能がより拡張されていることであり、注意が必要としている。「Net-Worm.Win32.Kido.ip」「Net-Worm.Win32.Kido.iq」その他はすべて「Kido」の新しい亜種であり、感染したPC上でアンチウイルス製品の動作を妨害する機能を持っている。

 また、この亜種の場合、自身の更新を行うために毎日アクセスするWebサイトの数も一気に増加している。更新リクエストの送信先となるユニークドメイン名は、以前のバージョンでは250だったのに対し、現在は5万にもなっている。Kaspersky Lab シニアセキュリティリサーチャーのビタリー・カムリュク氏は、「今回発見されたKidoの亜種は、今のところは大発生に至っていない。ただし、この亜種が現在のバージョンのKidoにとってかわるようなことがあれば、Kido作者たちとの戦いはいっそう厳しいものになる」と述べている。


http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207578742
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×