SaaS型のID管理サービスを4月1日より提供開始(KCCS) | ScanNetSecurity
2021.08.04(水)

SaaS型のID管理サービスを4月1日より提供開始(KCCS)

 京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)は2月19日、SaaS型ID管理サービス「GreenOffice Directory On Demand」を4月1日より提供開始(予定)すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)は2月19日、SaaS型ID管理サービス「GreenOffice Directory On Demand」を4月1日より提供開始(予定)すると発表した。

 本サービスは、異動時の権限引継ぎや兼任時の重複など、日本企業の実態に即したアクセス管理・ID管理パッケージソフトとして提供してきた「GreenOffice Directory」を、機能はそのままに、同社のインターネットデータセンター「D@TA Center」のオンデマンドサービスとして提供するもの。

 標準規格の採用や専用アダプターなどにより、社内の既存ITシステムだけでなく、Google Appsなど他のSaaSにも対応。また、ISMS/ITIL取得のデータセンター「D@TA Center」による運用と、定期レポートによる“見える化”により、SaaS利用に伴うセキュリティへの不安を払拭。シームレスなアクセス管理・ID管理を可能にし、IT部門のアクセス管理にかかる運用負担を軽減できる。料金は、初期費用が600,000円〜、月額利用料が基本料金120,000円〜。IDの登録・削除・変更などのプロビジョニングは、従量制で100円〜/1プロビジョニング。

http://www.kccs.co.jp/press/release/090219.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×