「PCI SSC」の国内連絡会に発足メンバーとして参加(ネットワンシステムズ) | ScanNetSecurity
2021.06.17(木)

「PCI SSC」の国内連絡会に発足メンバーとして参加(ネットワンシステムズ)

 ネットワンシステムズ株式会社は2月20日、クレジットカードデータのグローバルセキュリティ基準「PCI DSS」を策定している国際標準化団体「PCI SSC」の国内参加企業全8社によって発足した「PCI SSC PO Japan連絡会」に参加したことを発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 ネットワンシステムズ株式会社は2月20日、クレジットカードデータのグローバルセキュリティ基準「PCI DSS」を策定している国際標準化団体「PCI SSC」の国内参加企業全8社によって発足した「PCI SSC PO Japan連絡会」に参加したことを発表した。

 欧米で急速な普及を見せているPCI DSSは、クレジットカード情報を取り扱うあらゆる企業が遵守しなければならない国際的なセキュリティ対策基準。同連絡会は、このPCI DSSを始めとした情報セキュリティ対策基準に対する知識向上・実装ノウハウを必要としている、カード加盟店・金融機関・サービスプロバイダ・POSベンダなどの受け皿となり、国内における情報セキュリティ対策に関する課題の共有や情報交換・技術交流を通じ、カード情報の保護に積極的に取り組むことを目的として発足したもの。

 他の参加企業は、日本ATM、コモタ、eCURE、インテリジェント ウェイブ、ラック、SBIベリトランス、東芝テックの7社。今後は参加企業の増加を図るほか、参加メンバーを中心とした情報交換・技術交流を行い、クレジットカード情報の保護に積極的に取り組んでいく予定。

http://www.netone.co.jp/newsrelease/2009/20090220.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×