「偽G DATA」セキュリティセンターによる警告に注意(G DATA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

「偽G DATA」セキュリティセンターによる警告に注意(G DATA)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 G DATA Software株式会社は2月20日、「G DATA」のロゴの入った偽のセキュリティセンター「アンチウイルスセキュリティ・ドットネット」による警告について、同社とは全く無関係であるとともに、このサイトを利用しないよう注意を促している。これは2009年2月16日頃より、「http://www.kino.to/」というサイトに偽の「ウイルスアラート」が出るようになったというもの。「KINO(=映画)」という名前を持つこのサイトは、サブタイトルが「ベスト オンライン ムービー プラットフォーム」となっており、動画共有サイトのようである。

 このサイトのURLに入ると、「新しい脅威」の表示が画面に登場する。つまり、このページを開いたことによってウイルスに感染したおそれがあるかのように見せかけている。この後に「アップデート開始」のボタンをクリックすると、「Antivirus-Security.net」というこのページに飛ばされる。このページの左上には「G DATA」のロゴが入っているが、これはネット犯罪者が仕掛けた罠であり、G DATA Softwareとはまったく関わりがないという。


http://gdata.co.jp/press/archives/2009/02/g_data_3.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×