米ラボサイトに不正アクセス、情報漏えいはなし(カスペルスキー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

米ラボサイトに不正アクセス、情報漏えいはなし(カスペルスキー)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社Kaspersky Labs Japanは2月13日、Kaspersky Lab USA オフィスの公式Webサイト usa.kaspersky.com が2月7日に攻撃を受けたと発表した。これは、ルーマニアのインターネットサービスプロバイダのIPアドレスから、同サイトのサブセクションに対して数回にわたりSQLインジェクション攻撃が行われたというもの。攻撃の対象となったサポートセクションは2009年1月末に新バージョンに切り替えられたが、このバージョンに脆弱性が含まれていた。

 攻撃後、ただちに同社のセキュリティスペシャリストが徹底調査を行った結果、サイトへの侵入は確認されたものの、情報漏えいはなかったことが確認された。攻撃者はブログ上で「ユーザの個人情報」および「アクティベーションコード」にアクセスできたと主張しているが、ユーザの個人情報やアクティベーションコードをはじめとする情報が漏れた事実はないとしている。


http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207578735
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×