UTMによるセキュリティ管理サービスを提供開始(ウォッチガード) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

UTMによるセキュリティ管理サービスを提供開始(ウォッチガード)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社は2月4日、新しいネットワーク・セキュリティ管理サービス「SECURE FORCE」を同日より発売したと発表した。同製品は、同社のUTM(統合脅威管理)アプライアンス「Firebox X e-Series」のセキュリティ機能を活用したもの。価格は企業規模に応じて導入されるFireboxモデルによって異なるが、月額5,000円からの低価格でサービスを開始することができる。

 本サービスでは、同アプライアンスのログデータを収集し、ネットワークのトラフィック、ウイルス、スパムメールなどの情報をわかりやすいグラフィカルなレポートとしてリアルタイムに出力し、企業ネットワークのセキュリティの運用状況の一元的な管理・監視が可能となる。Webベースのクライアントソフトは直感的に使用できるようになっており、ビジュアルな画面で瞬時にネットワークの現状を把握できる。ログデータはデフォルトで60日間までサーバに保存されるが、記録期間の延長や外部媒体へCSVファイルとして書き出すことも可能。

http://www.watchguard.co.jp/press/secure_force_1.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×