UTMによるセキュリティ管理サービスを提供開始(ウォッチガード) | ScanNetSecurity
2021.07.27(火)

UTMによるセキュリティ管理サービスを提供開始(ウォッチガード)

 ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社は2月4日、新しいネットワーク・セキュリティ管理サービス「SECURE FORCE」を同日より発売したと発表した。同製品は、同社のUTM(統合脅威管理)アプライアンス「Firebox X e-Series」のセキュリティ機能を活用したもの

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社は2月4日、新しいネットワーク・セキュリティ管理サービス「SECURE FORCE」を同日より発売したと発表した。同製品は、同社のUTM(統合脅威管理)アプライアンス「Firebox X e-Series」のセキュリティ機能を活用したもの。価格は企業規模に応じて導入されるFireboxモデルによって異なるが、月額5,000円からの低価格でサービスを開始することができる。

 本サービスでは、同アプライアンスのログデータを収集し、ネットワークのトラフィック、ウイルス、スパムメールなどの情報をわかりやすいグラフィカルなレポートとしてリアルタイムに出力し、企業ネットワークのセキュリティの運用状況の一元的な管理・監視が可能となる。Webベースのクライアントソフトは直感的に使用できるようになっており、ビジュアルな画面で瞬時にネットワークの現状を把握できる。ログデータはデフォルトで60日間までサーバに保存されるが、記録期間の延長や外部媒体へCSVファイルとして書き出すことも可能。

http://www.watchguard.co.jp/press/secure_force_1.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×