ICカードを利用した「ハードディスク暗号化ソリューション」を発売(凸版印刷) | ScanNetSecurity
2021.07.30(金)

ICカードを利用した「ハードディスク暗号化ソリューション」を発売(凸版印刷)

 凸版印刷株式会社は1月29日、エヌ・シー・エル・コミュニケーション(NCLC)、ペンティオ、ギーゼッケ アンド デブリエント(G&D)と共同で、ICカードを利用した「ハードディスク暗号化ソリューション」を開発、2月より販売開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 凸版印刷株式会社は1月29日、エヌ・シー・エル・コミュニケーション(NCLC)、ペンティオ、ギーゼッケ アンド デブリエント(G&D)と共同で、ICカードを利用した「ハードディスク暗号化ソリューション」を開発、2月より販売開始すると発表した。

 本ソリューションは、凸版印刷が提供する社員証、学生証向けの接触/非接触機能搭載ICカード「SMARTICSハイブリッドICカード」と、WinMagic社のHDD暗号化製品「SecureDoc」とを連携させ、高いセキュリティ体制を実現するもの。SecureDocは、PCのHDDやリムーバブルメディアをまるごと暗号化する漏えい対策ツール。機密性の高さに関係なく、ディスク内の全ての情報を暗号化するため、第三者によるPC内データの不正使用を防ぎ、個人情報などを保護することが可能。これに加えて、ハイブリットICカードとSecureDocの連携により、ICカード認証とパスワードによる2要素認証を実現することで、紛失や盗難時のセキュリティを強化する。この他、SSL-VPN装置と証明書の組み合わせにより、インターネット経由のアクセスにおいてもセキュアな環境を構築できる。

 参考価格は、ICカード発行が5,000円/枚、ライセンスが15,000円/枚(いずれも1,000枚使用の場合)。

http://www.toppan.co.jp/news/newsrelease857.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×