「Citrix XenDesktop」を活用した統合型シンクライアントシステムを提供(日立) | ScanNetSecurity
2021.08.03(火)

「Citrix XenDesktop」を活用した統合型シンクライアントシステムを提供(日立)

 株式会社日立製作所は1月30日、シンクライアントシステムを使った情報漏えい防止ソリューション「セキュアクライアントソリューション」を強化したと発表した。具体的には、新たにシトリックス社の「Citrix XenDesktop」を活用した「統合型」サービスを開発、従来メニ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社日立製作所は1月30日、シンクライアントシステムを使った情報漏えい防止ソリューション「セキュアクライアントソリューション」を強化したと発表した。具体的には、新たにシトリックス社の「Citrix XenDesktop」を活用した「統合型」サービスを開発、従来メニューと合わせて提供を開始した。また同時に新サービスに対応した管理ソフトウェアも販売開始した。

 今回追加した「統合型」メニューは、シトリックス社の新しいクライアント管理ソフト「Citrix XenDesktop」を活用したもので、ユーザーの利用状況(CPUリソース、メモリー使用量など)に応じて、センター側のクライアント方式(クライアントブレード、ターミナルサービス)を選択し割り当てるというもの。これにより、ユーザー/管理者双方の利便性が向上するほか、利用実態に応じてきめ細かく対応できるため、シンクライアントの適用範囲を拡大する。加えて、導入・運用にかかわるTCOも削減できる。

 併せて提供するのは、「Citrix XenDesktop」対応クライアント統合用管理ソフトウェア「FLORA bd Link」。ユーザーが1台のPCリソースを占有できる同社のブレード型クライアントPC「FLORA bd100」を「Citrix XenDesktop」に接続するソフトで、クライアントブレードを含めたシステム全体の統合管理を可能にする製品。利用することで、クライアントブレードと、アプリケーションを仮想化し複数のユーザーをサーバ上で効率的に集約できる「Citrix XenApp」とを一元的に管理・利用することが可能。また、シンクライアント端末側からのブレードの電源オン実行、「Citrix XenDesktop」管理コンソールからの管理・制御、動作状態監視なども行える。この他、クライアントブレード用省電力運用ソフトウェア「SAVINGDA Pro(セービングディーエー プロ)」もVer2にバージョンアップ。休止/起動時間設定の一斉配信機能や、CO2排出削減量に換算した省電力効果集計などの管理機能を強化した。

 価格は、「統合型」ソリューションが個別見積、ソフトウェアは「FLORA bd Link」のライセンス無しが10,500円、1ライセンス証書付きが15,750円、「SAVINGDA Pro Ver2」は5,250円。「Citrix XenDesktop 2.1」は、スタンダードエディション14,815円、アドバンストエディション38,377円、エンタープライズエディション58,012円(以上、1同時接続ユーザー、年間ソフトウェア更新サービス付)。

http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2009/01/0130.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×